9月29日(金)博多の町にある日本庭園「楽水園」に行ってきました。
博多楽水園は住吉神社の側にあります。楽水園は明治38年に博多商人、
下澤善右衛門親正が「住吉別荘」を建てた跡地で、平成7年に福岡市が
池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)の日本庭園として整備し開園されました。
その際本園の名称もその由来を受け「楽水園」と名づけられました。

楽水園正門

   園内を散策してきました
楽水園庭
  
茶室もあり、抹茶を頂い来ました(300円)。茶室と茶室からの園の風景です。
楽水園茶室

  鯉も泳いでいます。近寄ると口をぱくぱくさせ餌の催促をします。
鯉楽水園

  園内の風景です
楽水園2

楽水園4

楽水園3

 博多塀
 豊臣秀吉が博多の町の復興、いわゆる「太閤町割」を行ったとき、
神社、仏閣や豪商の屋敷に築かれた土塀は、兵火による焼石
 焼け瓦を粘土で固め造られ、「博多塀」と呼ばれました。

楽水園博多塀
2017.09.30 Sat l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top

こんにちは!!
 秋の気配が感じられる今日この頃です。鉢植えの草花も寂しくなってきました。
それでもコンクリートの地面から新しい草花の芽が顔をだして
   一所懸命アッピールしています。驚きです!!

草

        夏には珍しい夕焼け雲をカメラに収めて見ました。
夕焼け空
2017.09.28 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top